デジタルビデオカメラもすっかり低価格化し、一家に一台どころか一人一台が珍しくない身近な家電となりました。

デジタルな家電を使いこなす!

不可欠な家電となったデジタルビデオカメラ

私が若い頃は、ビデオカメラなど持っているご家庭はほとんどありませんでした。
一般の家庭でムービーなど撮る必要性もありませんでした。
使い捨てカメラはまだなかった時代ですから、普通のフィルムカメラは一家に一台くらいはありましたが、それでも今のように数年で買い替えたり、一家に何台もあるなどということはありませんでした。
それだけ高価でもあり、貴重な家電でした。

若い人でも当たり前のように自分専用のカメラを持つようになったのは、デジタルカメラが普及し始めてからです。

今では携帯電話にまでついています。
カメラなど旅行の時くらいしか出番がなかったのに、最近は誰もが携帯を片手に何でもかんでも写しています。
火事の現場でさえ、野次馬がみんな携帯を向けているのがすっかりお馴染みの風景となりました。
デジタルビデオカメラも最近はすっかり低価格になってきました。
私が娘の入学式の奮発した時には10万円以上しましたが、今では5万円以下でもいくらでも手に入ります。
基本的にデジタルカメラは写真を撮るため、デジタルビデオカメラは動画を撮るために作られており、動画も撮れるデジタルカメラや静止画も撮れるデジタルビデオカメラはあまりオススメできません。サイズもコンパクトになってきてますので、別々に持つほうがよろしいでしょう。なんでも合体すれば良いというものではありません。家電全般に言えることですが、多機能になるほど性能は劣り、操作は煩雑になり、壊れやすくなります。
私なんて携帯電話も半分以上の機能を使いこなせていないと思います。

Copyright (C)2017デジタルな家電を使いこなす!.All rights reserved.