近年では家電製品はアナログからデジタル化へと飛躍的に移行していっています。その歴史について書いています。

デジタルな家電を使いこなす!

家電のデジタル化について

近年では家電製品の多くはアナログ方式からデジタル化へと飛躍的に進化していっています。
私たちが身近で使用している家電製品の多くは既にデジタル方式のものがほとんどになっています。
それではこのアナログからデジタルへと進化していった歴史の過程について考えてみました。

このデジタル化へ進化した多くのきっかけは携帯電話とパソコンのインターネットの普及だと思います。
携帯電話はここ15年程前から急速に普及し、近年では携帯電話に代わるスマートフォンが世間一般的なものとなっております。
一方パソコンも同時期から急速に普及し、いまや一家に一台が当たり前の時代になってきました。
パソコンの普及に伴いインターネットも急速に普及し、いかに早く伝達させれるかが課題となっております。
その後、話題になった家電製品としてテレビの放送方式である。CMでも話題になった、テレビの放送方式がアナログ方式からデジタル方式へ完全移行しました。
実はこの携帯電話やパソコンが普及する以前から、我々の身近でデジタル製品が多く使用されています。
例を挙げると、洗濯機や炊飯器、電子レンジなどです。

我々の生活にデジタルはなくてはならない存在となっています。
一方では大部分の家庭にある程度の家電が買い揃ってしまったため、買い替えの需要がない限り消費者は家電を新規に購入する必要がなくなってしまったので、不況の影響も重なり家電メーカーの売上不振が目立ちます。

Copyright (C)2017デジタルな家電を使いこなす!.All rights reserved.